WHY TOKYO BIENNALE?

 

“私”から“私たち”へ。
まちの創造力が目覚める、開かれた実験の場

     

文化的活動には、これまで結びつかなかったものを結びつけたり、お互いを引きつける力があります。多様な価値観を持ち、それぞれのスタイルで暮らす人々が集う東京は、どこで・誰が・何をしているのかが見えにくく、「私」という「個」の存在は際立っても、まちそのものや、過去・未来を含めてそこに暮らす「私たち」の存在をリアリティを持って感じることが難しくなっているのかもしれません。ただ、この東京で、あるいは社会全体で誰もがどこかで感じている“不安”のようなものは、「個」の考えや存在では拭うことができません。それは「私」という個の意識が、「私たち」という俯瞰した意識に広がったときに、はじめて問題の核心に辿り着いたり、解決策を見いだせるのではないでしょうか。

 

「東京ビエンナーレ」は、戦後の復興期に上野の東京都美術館で行われていた国際展です。中でも1970年、「人間と物質」をテーマにした第10回は日本の美術史に大きな足跡を残すものでした。そこから半世紀が経ち、アートや芸術のあり方も大きく変化した今の東京で、新しいフレームや仕組みを実験する場として「東京ビエンナーレ」を2020年に始めようとしています。これはアートのための国際催事ではなく、まちに宿る文化資源を丁寧に感じ取り、その可能性を引き出し、「私」から「私たち」へ意識や創造的な活動を広げるフレームです。そのため、参加するのはアーティストだけではありません。アート、デザイン、建築、まちづくり……etc.あらゆる方向からアプローチしていきます。

まずは、ここからどんなことが起ころうとしているのか? ほんの少し未来のビジョンを『WHY Tokyo Biennale? 東京ビエンナーレ2020構想展』でみなさんと共有し、議論することから始めたいと思います。本展は「東京ビエンナーレ」のプレゼンテーションでもあり、“私たち”と一緒に挑戦する人が集う場でもあるのです。

 

東京ビエンナーレ市民委員会 共同代表
小池一子(クリエイティブ・ディレクター) 中村政人(アーティスト)

※2018年9月10日訂正:「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」の記述に関して一部訂正を行いました。

     

『WHY Tokyo Biennale? 』東京ビエンナーレ2020構想展について

「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」とは、1952 年から東京・上野で開催された国際美術展で、1970 年の<人間と物質>をテーマに掲げた第10 回は日本の美術史に大きな足跡を残すものでした。

今、美術のあり方が多様化してきている東京で、これからの時代の「東京ビエンナーレ」を始めようとしています。この度、2020 年から始まる東京ビエンナーレの実現に向けて" 東京ビエンナーレ市民委員会" が発足し、アート、建築、ファッション、コミュニティデザン、エンターテイメント等、様々な分野の第一線で活躍する企画ディレクターと、展開地域への橋渡し役となる複数のエリアディレクターが集結しました。

本構想展では、新たにつくり出す東京ビエンナーレの構想並びに取り組みの紹介と、「東京ビエンナーレ2020」への序章として企画プランの一部を絵画や映像・立体等を用いながらプレゼンテーションいたします。同時に本構想の対象エリアとなる地域の多層的な歴史の紹介や、1970 年に開催された「第10 回日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」の資料展示も行い、多角的な視点で「東京ビエンナーレ2020」のビジョンを浮かび上がらせます。 本展タイトル「WHY Tokyo Biennale ?」が示す通り、この時代に新たな東京ビエンナーレを立ち上げることの意味を問い、誰もがそこに参加できる開かれた場を創造して参ります。



※2018年9月10日訂正:「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」の記述に関して一部訂正を行いました。

プロフィール

 

「WHY Tokyo Biennale? 」東京ビエンナーレ2020構想展 企画プレゼンター(企画ディレクター)

展覧会概要

【タイトル】

WHY Tokyo Biennale? 東京ビエンナーレ2020構想展

【会期】

2018年9月22日(土)~10月14日(日) 11:00-20:00 ※会期中無休

【料金】

無料 ※一部イベントは有料

【会場】

3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー (東京都千代田区外神田6−11−14)

【主催】

東京ビエンナーレ市⺠委員会、3331 Arts Chiyoda、(一社)コマンドN

【後援】

毎日新聞社(予定)

【協力】

東京文化資源会議

【同時開催】

池田晶紀 Portrait Project 2012-2018 「いなせな東京」
3331 ART FAIR recommended artists #035 井田大介 個展 「Photo Sculpture」

【URL】

https://tokyobiennale.jp/2018exhibition/ 

【企画プレゼンター(ディレクター)情報】

伊藤 ガビン(編集者 / 女子美術大学短期大学部教授) 江渡 浩一郎(メディアアーティスト) 佐藤 直樹(3331 Arts Chiyoda デザインディレクター) 四方 幸子(クリエイティブ・キュレーター) 嶋田 洋平(らいおん建築事務所代表取締役) 竹内 昌義(建築家 / みかんぐみ共同代表) 椿 昇(現代美術家 / 京都造形芸術大学美術工芸学科教授) 津村 耕佑(ファッションデザイナー) 八谷 和彦(メディアアーティスト) 藤 浩志(美術家 / 秋田公立美術大学大学院教授・副学長) 山崎 亮(studio-L代表 / コミュニティ・デザイナー / 社会福祉士) 李美那(キュレーター) 小池 一子(クリエイティブ・ディレクター / 十和田市現代美術館館長 / 武蔵野美術大学名誉教授) 中村 政人(アーティスト / 3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター / 東京藝術大学教授)ほか

       

アクセス

DOWNLOAD