TOKYO BIENNALE 2020

東京ビエンナーレ2020 プレイベント

HOME > 水都・日本橋のゲニウス・ロキは、どこへ向かう? > ポスト2020 東京・日本橋の未来を描く

シンポジウム

ポスト2020 東京・日本橋の未来を描く

ポスト2020 東京・日本橋の未来を描く
日時
11月10日(日) 15:00~17:00
会場
3階ホール
参加料
一般 1,500円、学生 1,000円
登壇者
遠山正道(株式会社スマイルズ)
林千晶 (株式会社ロフトワーク)
箭内道彦 (クリエイティブディレクター)
モデレーター:中村政人 (東京ビエンナーレ2020総合ディレクター、アーティスト)

さまざまなジャンルで新しい価値を創造し、実践してきたクリエイターや専門家によるシンポジウム。クリエイティブの視点、ビジネスの視点、まちづくりの視点から東京・日本橋の未来を描いたとき、どのような可能性に満ちているのかを語り合う。

参加申込

登壇者プロフィール

遠山正道(アーティスト)

遠山正道

2000年、株式会社スマイルズを設立し代表取締役社長に就任。“生活価値の拡充”を企業理念に掲げ、現代の新しい生活の在り方を提案し、「Soup Stock Tokyo」「giraffe」「PASS THE BATON」「100本のスプーン」「PAVILION」「刷毛じょうゆ 海苔弁山登り」等を展開。

林千晶(株式会社ロフトワーク)

早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、空間デザインなど多数のプロジェクトを手がける。広葉樹の森の再生を図る「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)」を岐阜県飛騨市に設立、取締役会長に就任(2019.4-)。

箭内道彦(クリエイティブディレクター)

1964年、福島生まれ。タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」リクルート「ゼクシィ」など、数々の話題の広告を手掛ける。「月刊 風とロック」(定価0円)の発行人でもあり、2011年大晦日のNHK紅白歌合戦に出場した猪苗代湖ズのギタリストでもある。渋谷のラジオ(FM87.6NMHz)理事長、福島県クリエイティブディレクター、東京藝術大学 学長特別補佐・美術学部デザイン科教授。

モデレーター:中村政人(東京ビエンナーレ2020総合ディレクター、アーティスト)

中村政人

1963年、秋田県大館市生まれ。アーティスト。東京藝術大学絵画科教授。アートを介してコミュニティと産業を繋げ、文化や社会を更新する都市創造のしくみをつくる社会派アーティスト。第49回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本代表。平成22年度芸術選奨受賞。1997年よりアート活動集団「コマンドN」を主宰。全国で地域再生型アートプロジェクトを展開し、2010年、民設民営の文化施設「アーツ千代田 3331」を創設。