TOKYO BIENNALE



アーカイブ

ABOUT TOKYO BIENNALE

“私”から“私たち”へ。
まちの創造力が目覚める、開かれた実験の場

文化的活動には、これまで結びつかなかったものを結びつけたり、お互いを引きつける力があります。多様な価値観を持ち、それぞれのスタイルで暮らす人々が集う東京は、どこで・誰が・何をしているのかが見えにくく、「私」という「個」の存在は際立っても、まちそのものや、過去・未来を含めてそこに暮らす「私たち」の存在をリアリティを持って感じることが難しくなっているのかもしれません。

ただ、この東京で、あるいは社会全体で誰もがどこかで感じている“不安”のようなものは、「個」の考えや存在では拭うことができません。それは「私」という個の意識が、「私たち」という俯瞰した意識に広がったときに、はじめて問題の核心に辿り着いたり、解決策を見いだせるのではないでしょうか。

「東京ビエンナーレ」は、戦後の復興期に上野の東京都美術館で行われていた国際展です。中でも1970年、「人間と物質」をテーマにした第10回は日本の美術史に大きな足跡を残すものでした。そこから半世紀が経ち、アートや芸術のあり方も大きく変化した今の東京で、新しいフレームや仕組みを実験する場として「東京ビエンナーレ」を2020年に始めようとしています。

これはアートのための国際催事ではなく、まちに宿る文化資源を丁寧に感じ取り、その可能性を引き出し、「私」から「私たち」へ意識や創造的な活動を広げるフレームです。そのため、参加するのはアーティストだけではありません。アート、デザイン、建築、まちづくり……etc.あらゆる方向からアプローチしていきます。

東京ビエンナーレ市民委員会 共同代表
小池一子(クリエイティブディレクター)
中村政人(アーティスト)


TOKYO BIENNARE
PLANNING FOR 2020

それぞれのプロジェクトは、2020年の「東京ビエンナーレ」に向けて進行中です。プロジェクトがこれからどのように進んでいくのか、そのプロセスも今後公開し、新しいフレームや仕組みが立ち上がる様子を共有していきます。

賛助会員の募集

「一般社団法人東京ビエンナーレ」では、東京ビエンナーレの運営・実施を支える「賛助会員」を募集いたします。市民を主体に東京で立ち上がる、新たな動きにご賛同頂ける個人・法人の皆様のご参加を心からお待ちしております。様々な形で東京ビエンナーレを知りながら、応援いただければ幸いです。
WHY TOKYO BIENNARE?