TOKYO BIENNALE 東京ビエンナーレ
 

「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」とは、1952年から東京・上野で開催された国際美術展で、中でも1970年の<人間と物質>をテーマに掲げた第10回はその後の美術史に大きな足跡を残すものでした。
今、美術のあり方が多様化してきている東京で、これからの時代の「東京ビエンナーレ」を始めようとしています。この度、2020年から始まる「東京ビエンナーレ」の実現に向けて”東京ビエンナーレ市民委員会”が発足し、アート、建築、ファッション、コミュニティデザイン、エンターテイメント等、様々な分野の第一線で活躍する企画ディレクターと、展開地域への橋渡し役となる複数のエリアディレクターが集結しました。アートのための国際催事ではなく、まちに宿る文化資源を丁寧に感じ取り、その可能性を引き出し、「私」から「私たち」へ意識や創造的な活動を広げるフレームとして、2年後の開催に向けて準備を進めています。

※2018年9月10日訂正:「日本国際美術展(東京ビエンナーレ)」の記述に関して一部訂正を行いました。

■ 2018年秋開催「WHY Tokyo Biennale? 東京ビエンナーレ2020構想展」はこちらをご覧ください。

“The Japan International Art Exhibition (Tokyo Biennale)” was an exhibition opened in Tokyo’s Ueno area that started in 1952. Within its continuous years, the theme carried in 1970 for its 10th running, “Between man and matter”, left a profound trace in the history of art.

In today’s Tokyo, where we find the continued diversification of artforms, this exhibition proposes the creation of a “Tokyo Biennale” for tomorrow’s era. This idea led to the set-up of the “Tokyo Biennale Citizens Committee” working towards the launch of the “Tokyo Biennale” in the year 2020. The committee has gathered directors at the forefront of wide-ranging fields that include art, architecture, fashion, community design, entertainment, and more, who are in collaboration with area directors serving as vital bridges between the localities encompassed by this plan.
This is not an international event for the sake of art, it is a framework for carefully taking in the cultural resources that dwell in the city and bringing out their possibilities, which will widen our sense of “me” into a consciousness and creativity that encompasses “us”.

■ Exhibition held in Autumn,2018”WHY Tokyo Biennale? Visions for 2020”