東京ビエンナーレは、東京のまちを舞台に2年に1度開催する国際芸術祭です。世界中から幅広いジャンルのクリエイターが東京のまちに深く入り込み、地域住民の方々と一緒に作り上げていく新しいタイプの芸術祭として、千代⽥区、中央区、⽂京区、台東区を中⼼とする東京都⼼北東地域を舞台に、多様な表現領域を横断して展開します。

東京の地には、江戸時代から積み重なってきた歴史や⽂化、暮らしの層があります。急速なグローバル化の一方で、SNSを始めとするコミュニケーション形態の変容、新型コロナ感染症の拡大で個人が時間的・空間的孤立を深める東京にとって、この土地の層を丁寧に読み解きながら、現代社会における⼈と⼈、社会、地域、歴史とのつながりをとらえ直す活動が必要です。東京ビエンナーレはそのための、アートのプラットフォーム(乗り物)として、“「私」から「私たち」へ”を基本理念に、個と共同体の新しいあり⽅、これからの⽣き⽅を考える機会を提供します。

第1回は当初予定の2020年開催がコロナ禍の影響で延期されるも、多くの方々のご協力のもと、翌年に「東京ビエンナーレ2020/2021」として実現できました。第2回目の「東京ビエンナーレ2023」は会期を2023年後半に予定し、市民参加型の継続的な取り組みをさらに強めていく方針です。そのために、2022年からプレイベントを皮切りとして、各所で活動を展開します。

「東京ビエンナーレ2023 はじまり展」はその主軸となる催しです。舞台となるのは、2025年に創建400年を迎える東叡山 寛永寺(台東区)や、都市型総合エンターテインメント施設・東京ドームシティ(文京区)など、いずれも固有の背景と可能性をもつ場です。地域社会、地元企業、多様な参加者らと共にプロジェクトを立ち上げ、活動していくこれらの試みの「はじまり」にぜひ共に立ち会い、体験してください。また、「はじまり展」で生まれた出会いがひろがり、多様な方々がそれぞれのかたちでこの芸術祭に参加する機会になることを、心から願っております。

「東京ビエンナーレ2023 はじまり展」では、
2023年に向けた計画展示と、
一部すでにスタートしている
複数のアートプロジェクトをご覧いただけます。


東叡山 寛永寺(根本中堂ほか)[台東区]

ACCESS

東京ビエンナーレ2023計画展示

小池一子+一力昭圭、宮本武典、Tokyo Urban Farming、西原珉、藤幡正樹、並河進らが2023年に向け各地域やデジタル空間上で構想するプロジェクトの計画や、その参加方法のご紹介を行います。シンポジウムやトーク、ツアー等イベントも開催予定です。

会場 東叡山 寛永寺 ロータリー付近設置のM1内
(台東区上野桜木1-14-11)
会期 2022年10月6日(金)-30日(日)の
木〜日曜日および祝日
開場時間 10:30-16:30(入場は16:00まで)
休館日 月〜水曜日(祝日は開場)
料金 無料(一部のイベントは有料)
主催 一般社団法人東京ビエンナーレ
後援 東京藝術大学
協力 東叡⼭ 寛永寺
  • 東京ビエンナーレ2020 計画展の様子 Photo by ゆかい

「寛永寺プロジェクト」アート展示

1625(寛永2)年の創建からまもなく400年を数える寛永寺の歴史性・空間性にアーティストらが対峙し、多様な人々と協働しながら、人と人、社会、地域、歴史との新たな関わりを探る試みです。今回は⽇⽐野克彦、鈴⽊理策、⻄村雄輔らの作品・プロジェクト展を行います。

会場 東叡山 寛永寺 根本中堂ほか
(台東区上野桜木1-14-11)
会期 2022年10月6日(金)-30日(日)の
木〜日曜日および祝日
開場時間 10:30-16:30(入場は16:00まで)
但し、根本中堂は15:30最終入場、16:00閉場。
休館日 月〜水曜日(祝日は開場)
料金 無料(一部のイベントは有料)
主催 一般社団法人東京ビエンナーレ
後援 東京藝術大学
協力 東叡⼭ 寛永寺
  • 日比野克彦《Transforming box series》2020年
  • 鈴木理策《『冬と春』White 17,A-9》2017年
  • 西村雄輔《Spirit of the Land 〈地の精神〉》2021年 Photo by ゆかい
  • 中村政人《メタユニットM1project》2003年〜


東京ドームシティ[文京区]

ACCESS

Radius harps / After a typhoon

都市型総合エンターテインメント施設、東京ドームシティをめぐる目に見えない流動のなかを、高橋臨太郎が等身大のスケールで干渉することから生まれた作品群を展示。それらは「振動」や「抵抗」として今までになかった渦を巻き起こします。

会場 東京ドームシティ(文京区後楽1-3-61)
Gallery AaMoと都営三田線水道橋駅A3出口をつなぐ通路
会期 2022年10月6日(木)-2023年2月28日(火)
開場時間 終日公開(夜間1:30-4:30は立入不可)
休場日 なし
料金 無料
主催 株式会社東京ドーム、一般社団法人東京ビエンナーレ
後援 東京藝術大学
  • 高橋臨太郎《After a typhoon》2022年
  • 展示風景より


優美堂[千代田区]

ACCESS

優美堂再生プロジェクト

戦争を乗り越え現代に残る神田の額縁屋「優美堂」は、中村政人と様々な協力者による「優美堂再生プロジェクト」でコミュニティアートスペースとして改修され、東京ビエンナーレ2020/2021の参加プロジェクトとして活動が始まりました。今回は優美堂に残された額縁と複製画を使った中村の作品を、街の様子と共に、併設のカフェでお茶を楽しみながら体験できます。

会場 優美堂(千代田区神田小川町2-4)
会期 2022年10月6日(木)-30日(日)
開場時間 11:30-18:00(木・金・土は20:00まで)
休場日 水曜日
料金 無料
主催 一般社団法人東京ビエンナーレ
  • 富士山の看板建築が目印の優美堂

トークセッション

東京ビエンナーレ2023の構想を多様な作家・企画者陣が語ります。
このトークでは、連続的に参加プロジェクトがプレゼンテーションを行い、どのような事を考え誰と活動をしていきたいのか知る事が出来ます。これらプロジェクトの集合として、東京ビエンナーレ2023の全貌を掴むことが出来る貴重な機会です。

登壇予定者 一力昭圭/小池一子/鈴⽊理策/Slow Art Collective/ 高橋臨太郎/中村政人/並河進/西原珉/⻄村雄輔/ 宮本武典ほか(※五十音順)
日時 2022年10月16日(日)13:30-16:30
会場 寛永寺 小書院
料金 無料(要予約)※間もなく予約を開始します
定員 30名
シンポジウム

批評とメディアの実施プロジェクト[Relations]主宰

「都市型国際芸術祭はどこに向かうのか?
〜ポストコロナ、アートの変容、そして新しい関係性〜」

転機を迎えた都市型国際芸術祭の未来を、日本の現代美術や地域型国際展の研究者を迎えて議論します。
国際芸術祭が、ここにきて大きな転期を迎えています。21世紀に入って、ビエンナーレやトリエンナーレと呼ばれる国際芸術祭は、地域活性化やアート・ツーリズムと結びついて世界中で広がってきました。けれども、2020年代に入って重大な岐路に立っています。新型コロナウイルスの感染拡大が観光産業にダメージを与える一方で、グローバル化や新しいメディアテクノロジーの発達の中でこれまで芸術と呼ばれていた領域が大きく変容しています。こうした中で国際芸術祭はどこへ向かうのでしょうか。
日本現代美術の美学研究者で、積極的に日本人アーティストのインタビュー調査や国際芸術祭の調査に取り組んでいるクレリア・ゼルニック(パリ国立高等芸術大学教授)、日本の地域型国際展覧会の研究者で、ワークショップやシンポジウムを日本やヨーロッパで組織してきたグンヒルド・ボーグリーン(コペンハーゲン大学准教授)、そしてキュレーターの西原珉を登壇者に迎え、都市型国際芸術祭の未来を論じます。

登壇者 クレリア・ゼルニック(パリ国立高等芸術大学教授[美学])
グンヒルド・ボーグリーン(コペンハーゲン大学准教授[美術史/視覚文化論])
西原 珉(秋田公立美術大学教授、キュレーター、臨床心理士)
司会 毛利嘉孝(東京藝術大学教授[社会学/文化研究])
日時 2022年10月15日(土)14:00-16:00
会場 寛永寺 大書院
料金 1,000円(要予約)※間もなく予約を開始します
定員 40名
ツアー

A:寛永寺ツアー

「はじまり展」会場でもある寛永寺を石川亮岳執事の案内で巡る貴重な機会。寛永寺に展示された作品の側で、その場所の解説をお話しいただき、続いて作品について中村政人が解説します。

日時 2022年10月9日(日)14:30-15:30
コンダクター 石川亮岳(寛永寺執事)、中村政人(アーティスト)
料金 1,000円(要予約)※間もなく予約を開始します
定員 15名
ツアー(近日決定)

B:谷中ツアー

古民家や歴史的建築が残るまちで文化保存・継承の現場を巡ります。
また、谷中エリアならではの美味しい味もご紹介します。

ツアー

C:大丸有(大手町、丸の内、有楽町)ツアー
「アート目線で読み解く都市開発の物語」

国内外のグローバル企業が集積し、日本経済の屋台骨を支える国際ビジネス街「大丸有(丸の内・有楽町・大手町の通称)」。その超高層ビル群は皇居の森に隣接し、江戸城の区画を由来とする城塞都市の記憶を土台に発展してきました。このツアーでは、江戸から現代まで、この地の変遷を今日に伝える様々な文化資源をアート目線で読み解きつつ、戦争慰霊碑やパブリックアート、そして現在進行中のアートプロジェクトに至る、文化芸術による大丸有100年の街づくりをご案内します。
立ち寄りどころ:丸ビル周辺の記念碑、仲通りの彫刻群、有楽町ビル周辺アートスポットetc.

日時 2022年10月23日(日)13:00-14:30
コンダクター 宮本武典(キュレーター、東京ビエンナーレ2023プロジェクトディレクター)
料金 1,000円(要予約)※間もなく予約を開始します
定員 15名
集合場所 丸ビル1Fマルキューブ
解散場所 JR有楽町駅付近

  • ❶東叡山 寛永寺(根本中堂ほか) JR鶯谷駅南口から徒歩約7分

  • ❷東京ドームシティ 都営三田線水道橋駅A3出口すぐ

  • ❸優美堂 東京メトロ新御茶ノ水駅B5出口から徒歩約1分

「東京ビエンナーレ2023はじまり展」
プレスリリースはこちら
お問合せはこちら