TOKYO BIENNALE



『東京ビエンナーレ 2020』のテーマ

「純粋」×「切実」×「逸脱」

 布に絵の具を塗ったものや、鉄の塊が「芸術」と言われる所以は、どんな点にあるのだろう?
 一般的に有名な絵画や彫刻、オペラやダンスのような崇高で、なにかとても価値が高いものだったり、誰にもマネできない行為だったりを「芸術」と言う。ではなぜそう言われるのか? 「芸術」と「芸術ではないもの」の違いはどこにあるのだろうか? しかも、それをつくり出す人を「芸術家」や「アーティスト」と特別な言い方をする。いったい、どんなことをできる人がそう呼ばれるのか? 特別な言い方をしなくてはならない理由は、どこにあるのだろうか?

 それらのことを繙くキーワードを3つあげる。
 1つ目は「純粋芸術」「ファインアート」と言われる場合の「純粋」である。多様な創造力の中でも、人間の尊厳を感じる崇高な精神性や豊かな心を「純粋」という。大衆的、商業的、作為的な行為とは対照的であり、その純度が高ければ高いほど研ぎ澄まされた人間力を感じる。
 2つ目は、極限的で限界的な状況に追い込まれたときや、どうしようもなく行わなければならないときの「切実」さである。生きていくことと同様に、つくらなければならない行為や表現の質を言う。例えば、震災で家や家族、お金も失い、何もかもなくなったときに、生きていくためにはじめる活動はとても「切実」である。
 3つ目は、この「純粋」な精神力を抱き、かつ「切実」な表現活動をし続けている人がつくり出す様々なモノや表現活動が、それまでの状態から他に類を見ない「逸脱」した存在となったときである。際立った表現でなかったものが、いつの間にか変化しはじめ、あるとき「逸脱」する存在感を獲得する。この逸脱の創造プロセスが重要である。
 「純粋」で「切実」な行為や表現が「逸脱」した存在となったとき、私は、そこに「芸術」としか言いようのない状態を感じ取る。
 何気なく紙に鉛筆でさらさらと描いたものに「芸術」を感じるときもあれば、何十年もかけてつくりだした壮大な建築でもまったく感じない場合もある。それは、私論だがこの「純粋」「切実」「逸脱」という3つのどれかが欠けているからである。いくら高価な材料でつくったとしても「純粋」性を感じなくては「芸術」とは言えない。「切実」な表現でないものは、いかに技術的に優れていても、人間的な魅力を喚起しない。「逸脱」していない状態は、いかに「純粋」で「切実」な表現であったとしても普通な表現としか感じ取れない。

 この「純粋」×「切実」×「逸脱」という3つの言葉と、その言葉がクロスすることで生み出される概念を、「東京ビエンナーレ」という新しい構想のフレームの中へ投げかけたい。関東大震災、第二次大戦の空襲で焼け野原になった東京、東日本大震災でおこった福島第一原子力発電所事故。「破壊と創造」がくり返される日本において、「人間と物質」が生み出して来た様々な仕組みや社会環境を、私という「個」と私たちという「全体」の中にある社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を構築するプロセスを通して創造していきたい。そのためにも、ここで働き暮らす「私」の中にある「純粋」×「切実」×「逸脱」という“身体的文化因子”が、「私たち」へと一斉に進化するための起因となること。それが新たに創り出す「東京ビエンナーレ」である。別の言い方をすると東京ビエンナーレの各プロジェクトが「私」の内なる壁を打ち破り”一点突破全面展開”する契機となり、膠着している東京に新たなメタボリズムを与える事。そして多様な「私たち」の市民目線から押しつけや享受するだけのものではない、「自分たちの文化」を「自分たちの場所」で、創発的に組成していく事。それが「私たち」東京ビエンナーレ市民委員会が考える、これからの時代の新しい「東京ビエンナーレ」である。

東京ビエンナーレ市民委員会 共同代表
中村政人(アーティスト)

東京ビエンナーレ2020がめざすもの

「自分たちの文化」を「自分たちの場所」で
「私たち」の手で創る、新しい都市と文化

東京ビエンナーレが目指す活動は、様々な「私」が出会い、「私たち」で共有する事象である。
この地域に昔から暮らす住民と、日本各地、世界各地から集まってきた新しい人々。さまざまな人々が暮らし、働き、遊ぶ国際都市東京で、アートはさまざまな出自をもつ人々をつなぎ、このまちの歴史を顕在化し、未来を描き出すことで、「私たち」を出現させ、また新たな「私」を発見するだろう。
「純粋×切実×逸脱」をテーマのもと、「アート×コミュニティ」をキーワードに、地域の人々とともに、「HISTORY & FUTURE」「EDUCATION」「WELL-BEING」「RESILIENCY」を活動コンセプトとして、自分たちの文化を、自分たちの場所でつくっていくこと。
東京ビエンナーレは「私たち」がつくる新しい都市と文化の祝祭である。

アート × コミュニティ × 産業

歴史と未来
HISTORY&FUTURE

私たちが暮らす土地の記憶を知ることなく未来の可能性を語ることはできない。江戸の歴史と文化の記憶を呼び起こし、そこから現在の課題をあぶりだし、そして未来の可能性を考える。隠された歴史の記憶から未来を可視化する。

教育
EDUCATION

東京ビエンナーレは専門性に分断された教育を融合するSTEAM(科学技術、藝術、数学)を実践する触媒となる。事業を通して、多様な専門性をもった学生が協働し、地域の人々と触れ合い、活動することで、課題解決力のある人材育成に貢献する。

幸福感
WELL-BEING

WELL-BEINGとは、個人においては身体的、精神的、社会的に良好な状態を意味する。社会においては政治的、経済的、文化的、環境的に持続可能な状態である。東京ビエンナーレを通して、「私の」、そして「私たちの」WELL-BEINGを考える。

回復力
RESILIENCY

「火事と喧嘩は江戸の華」の華と謳われたのは、防災コミュニティのコアであった町火消のことである。江戸の「防災」は地域コミュニティに深く関わる。TBを通して地域のつながりを復元し、災害時に対応・復元力のある社会を目指す。

実施エリア

東京都心北東エリアにあたる千代田区・中央区・文京区・台東区の4区にまたがるエリア中心を開催エリアに設定。歴史文化的にも特徴ある豊かな地域として、全国にもその名を知られるスポットが多く点在するエリアだが、今まで隣接していながらもエリア同士が協働で取り組む具体的な取り組みは無かった。
東京ビエンナーレでは、プログラムを通じて今までになかった人や活動の回遊性の向上と、エリアとしてのブランディングを図り、2020年とその先の都市の未来を描いていく。

既にコミュニティの中で揺るぎない存在感を示す建築物やパブリックな施設、空間をあえて活用することで、東京ビエンナーレの作品の開催時と開催後のあり方を問う。
水辺や遊休空間等、未開でありながらエリアに存在する場所の新たなポテンシャルも同時に見いだして活かしていく。

    例:

  • 歴史的建築物/江戸から東京へ移り変わる歴史と共にある建物
  • 学校(校舎・校庭など)/地域に暮らす人たちの真ん中にある学校を活用する
  • 公共空間(公園・道路など)/人々が集い行き交う場所
  • 遊休空間/今は使われていないポテンシャルの高い場所
  • 水辺/江戸時代に造られ現存するお堀・川やその周辺
BACK TO HOME