TOKYO BIENNALE



TOKYO BIENNARE
PLANNING FOR 2020

のっそり&かえる

藤 浩志

美術家/秋田公立美術大学大学院教授・副学長

パプアニューギニア国立芸術学校講師、都市計画事務所、藤浩志企画制作室、十和田市現代美術館館長を経て現職。家庭の廃材を利用したおもちゃの交換システム「Kaekko」、架空のキーパーソンをつくる「藤島八十郎をつくる」など、ジャンルにとわられないアートプロジェクトを実践。

「メチャかえるステーション」を拠点に
アーティストが地域の人たちと様々なワークショップをつくり、知識や技を次の世代につなぐ

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

2000年以降全国各地で開催されてきた、不要になったおもちゃをツールとした子どもの遊び場「かえっこ」。これまで集まった山のようなおもちゃ類で「メチャかえるステーション」をつくる。そこを拠点としてアーティスト達が住民とのユニークなワークショップを考案し、「かえっこ」と「のっそりツアー」を実施する。

BACK TO HOME