TOKYO BIENNALE



TOKYO BIENNARE
PLANNING FOR 2020

デザインに
別視線を導入する

佐藤直樹

3331 Arts Chiyodaデザインディレクター

1998年、アジール・デザイン(現アジール)設立。2003〜2010年『セントラルイースト東京』プロデュース。2010年、3331 Arts Chiyodaの立ち上げに参画。『TRANS ARTS TOKYO』を機に絵画制作へ重心を移す。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。美学校講師。多摩美術大学教授。

文化的背景の異なる「東京ビエンナーレ」来場者に向けた、
情報発信の方法を開示的に構築する

「東京ビエンナーレ」が、多種多様な属性を持った人たちに開かれたものになるには、どのようなデザインが求められるのだろうか? 属性や指向性を横断する検討事項から具体的なデザインのプログラムに落とし込み、来場者に向けた情報発信方法を構築する。

PROJECT MEMBERS

大原大次郎(グラフィックデザイナー)
1978年神奈川県生まれ。グラフィックデザイン、音楽、展覧会やワークショップなどを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを展開する。近年のプロジェクトには、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ〈もじゅうりょく〉、登山図とホンマタカシによる山岳写真を再構築したグラフィック連作〈稜線〉、音楽家・蓮沼執太、ラッパー・イルリメと共に構成する音声記述〈TypogRAPy〉、YOUR SONG IS GOODの吉澤成友と展開するライブプリントとドローイングによる即入稿セッション〈New co.〉などがある。受賞にJAGDA新人賞、東京TDC賞。
oharadaijiro.com

セキユリヲ(デザイナー)
2000年より「サルビア」の活動をスタートし、古きよき日本の伝統文化に学びながら、今の暮らしによりそうものづくりをすすめるデザイナー。2009年より一年間スウェーデンでテキスタイル制作を学び、帰国後は東京・蔵前のアトリエでワークショップなどをひらく。書籍や雑誌、テキスタイルや空間のデザインのほか、「月イチ蔵前マップ」「渋谷子育てMAP」「和歌山・温川おさんぽMAP」ほか、「まちのちずづくりワークショップ」など、マップのデザインをしながらまちづくりを考える取り組みも。いまは育児が暮らしの中心。
salvia.jp

田中義久(グラフィックデザイナー / 美術家)
文化的価値創造を理念に、批評性をもったデザインを実践している。主な仕事に東京都写真美術館をはじめとした文化施設のVI計画,ブックショップ「POST」、出版社「CASE」の共同経営、「The Tokyo Art Book Fair」,「Takeo Paper Show」などのアートディレクションがある。また、飯田竜太(彫刻家)とのアーティストデュオ「Nerhol」としても活動し、主な個展に「Index」Foam Photography Museum(オランダ)、「Promenade」金沢21世紀美術館、「Interview,Portrait,House and Room」Youngeun Museum Contemporary Art (韓国)がある。

原田祐馬(デザイナー)
1979年大阪生まれ。UMA/design farm代表。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、書籍、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「共に考え、共につくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。DESIGNEAST、小豆島・醤の郷+坂手港プロジェクトなどのディレクターを務める。グッドデザイン賞審査委員、京都造形芸術大学空間演出デザイン学科客員教授。愛犬の名前はワカメ。
www.umamu.jp

BACK TO HOME