TOKYO BIENNALE



TOKYO BIENNARE
PLANNING FOR 2020

オープン・ウォーター〜水*開く

四方幸子

クリエイティブキュレーター

オープン・ウォーター実行委員会

アートと科学を横断する展覧会やプロジェクトをキャノン・アートラボ(1990-2001)、森美術館(2002-2004)、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](2004-2010)、またインディペンデントとして実現。『札幌国際芸術祭2014』アソシエイト・キュレーター、『KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭』キュレーターなど。多摩美術大学、東京造形大学客員教授。

東京の豊かな水をアートを介して再発見し、
「21世紀の水都」としての魅力を国内外へ発信する

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

水は文明の源泉であり、同時に生命を滅ぼし、自然を変形する力を持つ。また、水は人為的な境界を超え、さまざまな地をつなげ循環している。豊かな水脈によって成立した東京の過去から現代へとリサーチし、多彩なアート・プロジェクトにより水と人との親和的な関係を呼び起こす。


EVENT

2018/10/6
「『水』がひらく、東京の可能性 ーアートを通じて巡り会う水都・江戸と東京ー」
陣内秀信 × 四方幸子 × 中村政人 × 阿部彰 × 夏目守康 × 服部充代

イベント詳細

BACK TO HOME